手汗が急に出てきたときは要注意、原因と対処法とは何か?

Pocket

 

緊張する場面で手汗は急によく出てきますよね。

 

握手するときに、手汗ばれてないのかな?

とか、

いちいちタオルで拭いて気を使わないといけない。

 

何かの拍子に相手のてのひらが体にあたってしまう。

とか、

共有物をみんなで使いまわすときにすごく気になるとか、

そういう場面ですごく困りますよね。

 

こちらの記事では手汗が起こるメカニズムについてまとめてみました。

 

最後にその対処法も書いているので、

手汗に悩んでいる人の手助けになれば幸いです。

 

 

手汗が急にでてきたときは何らかのサイン?

手汗が急に出てきたときは何らかのサインがあるといってもいいでしょう。

 

常に手汗が出ている人もいるかと思いますが、

「手に汗にぎる」と例えられているように、

汗を緊張したり興奮したりした時などの、精神的なストレスから普通は手汗をかくと思います。

 

手汗に悩まされることは多いでしょう。

 

もし、体のほかの部分より手に汗をかいているのであれば、

手掌多汗症という病気を疑ったほうがいいです。

 

手の汗が湿り気を感じる程度からポタポタと水滴を感じる場合もあります。

 

手は、日常生活の必要不可欠な体の一部分ですから、

握手をするときなど手汗がでて気になってしまうでしょう。

 

 

電車のつり革を握る時など嫌な思いをしますよね。

 

パソコンのキーボードを入力するときもそうですし、

 

紙に文字を書く時に紙がよれてしまったり、

夏に手汗がやばすぎて、手から汗がしたたり落ちて、

プリントが濡れてしまったりとか困ることもあるでしょう。

 

様々な場面で不便が生じるでしょう。

 

手汗が急に出てきた時、主な原因とは?

 

交感神経が優位になっている時

ホルモンバランスの乱れている時

食事や生活習慣が乱れている場合

精神的緊張や大きなストレスを感じている場合

幼いころから手汗が多い

 

などの原因があると言われています。

では、続いてそれぞれの原因について詳しく解説していきます。

もしかしたら、あなたの手汗がここにあげてある原因であった場合、おそらく解決の糸口になるかもしれません。

 

手汗が急に出てきた時、交感神経が優位になっている時なぜ手汗は起こるのか?

手汗が出てくる理由がなぜなのかはまだ解明されていませんが、交感神経が活動的になり、新陳代謝が活発化すると手汗が出やすいというデータがあります。

 

交感神経は緊急時やストレスの時に働くために、その影響で手汗との関係があると考えられます。

 

反対に副交感神経はリラックスしている時に働くので、

一般的には手汗は少ないようです。

 

たとえば、副交感神経が働いているときは、

リラックスして寝ているときや、

アルファー派の音楽を聴いているときや、

猫と遊んでいるときなど。

そういうときは、手汗ってあんまり出てないと思いませんか?

手汗が急に出てきた・・・ホルモンバランスが乱れた時なぜ手汗は起こるのか?

たとえば女性であれば、更年期障害や生理や妊娠など女性の身体はホルモンに作用されやすいので、ホルモンバランスが乱れることによって交感神経が強く優位に働きます。

 

では、男性の場合も更年期障害があり、

ホルモンバランスの乱れによって、男性ホルモンが減少し、

交感神経が優位になります。

 

よって、自律神経も乱れるために手汗が出やすくなります。

 

それだけ、ホルモンバランスと、自律神経は関係あると言えます。

たとえば、ホルモンバランスが崩れた時

手汗がよく出ると思いませんか?

たとえば、

不規則な生活をしているとき

ストレスが多いとき、

睡眠不足の時

体に多く負荷がかかるときなど、

 

それは、交感神経と副交感神経。つまり、ストレスを感じていれば手汗は出ますし、とリラックスしているときほど手汗が出にくい傾向があるようです。

 

ホルモンバランスの乱れは、加齢や生活習慣などによっても起こりうるので注意しましょう。

 

 

 

手汗が急に出てきたとき。食事や生活習慣の乱れがある。

食生活の乱れによっても手汗は出ます。

 

例えば、辛いものやカフェインなどは交感神経を刺激しますので、あまり良くありません。

なので、交感神経を刺激しないような食べ物を中心に食生活を改めるか、もしくは、ちょっとひかえた方がいいと思います。

お茶など副交感神経を優位にする食べ物飲み物などを、

取ると中和されるかもしれません。

 

手汗が急に出てきたとき?病気の疑いは?

手にだけ汗が出るという”局所性多汗症”でしたら、

病気の可能性はそれほど高くはありません。

 

しかし、手以外にも汗をかくのであれば、以下の病状を気をつけたほうがいでしょう。

 

可能性がある病気の症状としては、

 

手の震え、関節の痛みや高熱、咳や微熱が続く、

息が甘い、汗が尿のような匂い、

汗が緑色、体のほてりがある。

 

めまいや腹痛、下痢や動悸などがある。

 

 

 

・甲状腺機能亢進症
・急性リウマチ
・結核
・糖尿病
・肝硬変や腎不全
・緑膿菌感染症
・更年期障害
・自律神経失調症

このような病気の可能性もあります。

 

手汗が急に出てきた時。幼い頃から手汗が多いときの原因。

 

幼い頃から手汗が多い場合は、

手掌多汗症という先天的な病気を疑ったほうがいいでしょう。

手汗が急に出てきたときの対処法とは?どのようにすればいいのか?

よく治で言われている手汗改善法として、

たとえば、

手汗専用の制汗剤、

手の手術、

薬、

医療行為、

副交感神経、交感神経のバランスをよくする体のマッサージ

 

など、

ありますが、

それはお勧めできません。

なぜかというと、市販の手汗用制汗剤では、

効果が長続きしないからと、即効性がないし、お金の無駄なのでやめたほうがいいです。

 

手術となるとちょっと大がかりだし、それで治る確証もないしすごくお金もかかるのでリスクがあります。

薬も副作用があるので体に取り入れてホルモンバランスが崩れてしまったら意味がないです。

 

今一番注目されている解決法として

テサランというのがあります。

 

テサランというのは、本当に手汗に悩む人が続々と、

悩みを解決していて最近すごく注目されている商品なので、

一度その詳細を読んでください。

↓  ↓  ↓  ↓

テサランは手汗に効果あるのか?口コミ評価!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ